ログイン
ユーザ名:

パスワード:


 Q.「Dj-netホスティングサービス」って、どこが運営しているのですか?

「Dj-netホスティングサービス」は、「全日本でんき屋ネットワーク協同組合」のホスティングサービス専用ブランド名です。業務開始当初より「品質」を重視し、より快適で安心なサービス提供に努めて参りました。また、弊社はJPNIC・JPRS正規指定事業者と提携しておりますので安心です。

JPNIC・・・社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
JPRS・・・・株式会社日本レジストリサービス

参考:全日本でんき屋ネットワーク協同組合概要

    
 Q.「ドメイン」って、なんですか?
ひと言でいうと、「インターネット上の住所」です。
インターネットを導入している企業の多くは、自社の独自ドメインを取得しています。取得したドメインは、名刺や封筒・チラシ・パンフレットなど、各種印刷媒体への掲載も有効です。




独自ドメインの使用方法は、下記の2点です。

1.独自ドメインの電子メールアドレスとして使う。
通常、メールをお使いの方は、契約している接続プロバイダーから提供された
ユーザー名@接続プロバイダ名.or.jp 」
等のアドレスをお使いだと思います。この類のアドレスは、接続プロバイダから、”おまけ”として提供されているもとの位置付け下さい。このアドレスを使わず、自社(自分)だけドメインを取得すれば、”世界にひとつしかない”下記のようなアドレスに使うことができます。
     
お名前@会社名.co.jp
お名前@お客様名.com など


独自ドメインのホームページアドレスとして使う。
ホームページの場合も同様で、通常、契約している接続プロバイダからもらえるホームページアドレス(領域名)は、「http://www.接続プロバイダ名.ne.jp/~お客様名/・・」ですが、商用目的のホームページをプロバイダからの”借り物”アドレスでは、会社イメージダウンにつながります。

自社(自分)のドメインを取得すれば、下記のような自社(自分)で決めた独自のアドレスが使うことができ、ホームページを閲覧するインターネットユーザーへの安心感につながることでしょう。
   
http://www.会社名.co.jp/ や、
http://www.お客様名.com/ など
 Q.「ドメイン」を取得するメリットは?
独自ドメインでの電子メール利用、ホームページでの情報発信は、いまや常識であり、ネットビジネスにおいて不可欠な条件となっています。取得される独自ドメイン用途は、会社名ドメインや、非法人での個人ビジネス用、商品名・企画名など、多種多様です。ドメインの種類も、従来よりある.com や .co.jp のほか、.jp や 日本語ドメインなどの新しいドメインが次々と生まれています。独自ドメインによる情報発信は、お客様の企業及び商品イメージの向上、ステータスとなり、メールやホームページを閲覧するユーザー側に対して安心感を与えます。有効利用すれば、ビジネスのスピード化、売り上げ増大・経費節減への貢献も可能でしょう。独自ドメインを取得することは、ネットビジネスにおける出発点といえます。
 Q.「サーバー」とは何ですか?
当サービスにおける「サーバー」とは、お客様のドメインを利用した情報を管理するコンピュータのことです。つまり、ホームページのデータを管理するコンピュータを「ウェブサーバー」、電子メールの情報を管理するコンピュータを「メールサーバー」といいます。これらは、いつでもホームページが見れて、いつでも電子メールが使えるように、常時(24時間)、「専用線」に接続され、常時監視されております。当組合では、お客様のドメインが、快適かつ安全にインターネットサービスご提供されるよう、専用の高速データセンターにて管理し、24時間365日有人監視をしておりますので、他社と比べ、高品質なサービスをご提供できます。
 Q.ホスティングプロバイダと接続プロバイダとはどう違うのですか?
接続プロバイダ(契約)とは、インターネットの接続権利を提供しています。この契約がないと、インターネット自体に繋げることが出来ません。接続プロバイダへ加入すれば、インターネットに繋げるための接続ID・パスワードがもらえます。また、そのプロバイダ名がついた電子メールアドレス、ホームページ領域がもらえます。

ホスティング・プロバイダ(契約)とは、独自ドメインの取得・管理を専門にしたプロバイダです。インターネット接続権は、付属しておりません。つまり、インターネット接続ID・パスワードはもらえません。★1 ホームページデータを送るためのID・パスワード(FTP)や、★2 電子メール用のID・パスワードのみ付属します。★1★2のID・パスワードではインターネット接続はできません。★1★2は、接続プロバイダの接続ID・パスワードで、インターネット接続した後に、初めて有効となります。

ホスティングサービスとは、お客様自身で決めた「独自ドメイン名」が、電子メール及びホームページのアドレスとして、インターネット上で利用できるよう、「サーバー」という機器へ情報を登録し、常時、どこからでも独自ドメインが利用可能な状態を維持するため、専用線に接続し、管理するサービスのことをいいます。

インターネットでは、日本から、世界中のホームページを閲覧できます。これは、いいかえると世界中どこのサーバーに登録されたホームページでも閲覧できるということです。世界中、どこのサーバーに登録されていても、どこからでも、独自ドメインは利用可能です。独自ドメインを利用したサイトは、どこかのホスティング会社(プロバイダ)を利用して、独自ドメインによる情報発信をしています。インターネットの世界では、世界中、どこのホスティング・プロバイダを利用しても、どこからでも、独自ドメインのホームページやメールアドレスは利用(閲覧)可能ということです。もちろん、「Dj-netホスティングサービス」も全国の方がご加入し、ご利用できます。

ただし、自分の電子メールを利用して送受信したり、様々なホームページを見たりするには、別途、接続プロバイダーとの契約が必要となるわけです。接続プロバイダとは、ネットへ接続する為の接続権を提供、ホスティング・プロバイダとは、独自ドメインがネット上で使えるようにするための登録管理サービスの提供です。お分かりになりましたか?
 Q.初めてだから、よくわからない。設定が難しいのではないか?
そんなに難しく考えないでください。要するに、インターネット上で使う自分(自社)独自のメールアドレス、ホームページアドレスを持つということです。その環境提供するのが「貴社名ホスティングサービス」の役割です。まずはドメインの取得です。弊社は、初めての方にもお気軽にドメインを取得できるよう、リーズナブルな価格設定となっております。お申し込み頂いてから、約1週間(新規の場合/一部ドメインを除く)で、お客様のお申し込みいただいたドメイン名が利用可能となります。電子メールの設定は、通常の接続プロバイダから提供されたメール設定と同じです。上記についてご質問などございましたら、当組合担当者までお気軽にお問い合わせ下さい。

Copyright (c) 2001-2012 Dj-net CO-OP. All Rights Reserved 全日本でんき屋ネットワーク協同組合